高品質翻訳サービス タウ・トランスレーション TOPTAUの特徴 > テクノロジーとクラフツマンシップの融合

テクノロジーとクラフツマンシップの融合

 ビジネスの急速な国際化や産業形態の変化といったグローバリゼーションの影響により、今日ではかつてないほどに異言語の人々とのコミュニケーションの必要性が意識されています。翻訳学の巨人アンソニー・ピムは、グローバリゼーションについて「翻訳の社会的役割について重大な影響をもたらす経済的プロセス」と述べていますが、産業分野における翻訳はこうしたグローバリゼーションの影響を直接に受けており、その喫緊のニーズに対応するための翻訳作業効率化を求めて90年代には翻訳メモリが導入され、昨今では機械翻訳が実用化されはじめています。

 こうしたグローバリゼーションの過程のなかで、かつて職人(クラフツマン)の仕事であった翻訳は工業化・産業化の波に飲まれ、翻訳者はローカリゼーションという巨大なビジネス・プロジェクトの歯車のひとつになってしまったという声もあるほどです。

 しかしながら当社は、依然として翻訳は長年の経験、優れた言語運用能力、知識と情熱といった職人技が必要な作業であると考えております。


翻訳支援テクノロジーの普及とその現実

 翻訳メモリとは、原文・訳文のペアをデータベース化し、これまでの翻訳作業を効果的に再利用することを目的とした翻訳支援ツールです。翻訳資産(過去の訳文)の共有・再利用によってもたらされる高い効率性・経済性といった特質から、翻訳メモリはIT・コンピュータ、ソフトウェアローカライズ、製品マニュアルなど多くの分野で広く使用されています。

 産業翻訳の世界のなかでもとりわけこうした特定分野については、もはや翻訳メモリなくして翻訳ワークフローは成り立たなくなっているといって過言ではないでしょう。翻訳者求人募集広告にも「Trados使用経験必須」といった翻訳メモリ関係の要件が並んでいることからも、実際の翻訳現場におけるその普及度・要求度の高さが見て取れます。

 しかし、多くの業者が掲げている、「翻訳メモリによって高い一貫性が得られ、品質が向上する」というのは本当でしょうか?

 実はこれは必ずしも事実とはいいがたく、効率性・経済性の利点がある一方で、翻訳メモリがもたらす訳文への悪影響についての議論も盛んに行われているのです。

 特に、翻訳メモリは個別セグメントに重点を置いたボトムアップ式の翻訳アプローチへの回帰につながり、文章全体への視座が失われるという指摘があるほか、文章のセグメント化により訳文の文脈対応性が失われ脱コンテキスト化すること、訳分のエラーが修正されずに伝播してしまう傾向があること、複数の翻訳者が関わるためスタイル・用語の不整合が発生することが指摘されています。(専門的な内容についてはこちら

 つまるところ、こうしたテクノロジーは、経験と技能に基づいた適切なメモリメンテナンス、ポストエディットなどの手作業があってはじめて有用となり、単に翻訳メモリなどのツールを使用しただけでは効率は上がっても質は上がらないというのが現実なのです。

 当社では、テクノロジーを使用するだけではなくそのテクノロジーのメリット・デメリットを理解して使用することにより、テクノロジーとクラフツマンシップを融合し、その利点を最大限に活かすことを心がけています。


機械翻訳は使いません

 また、近年になって、効率面から機械翻訳の利点を強調する翻訳者・エージェントも多くなり、実際に実務に導入されるケースも増えてきています。特に統語構造の似通っている西洋言語間翻訳についてはかなりの精度向上が見られているのも事実ですが、実際のところ、まったく構造の異なる日英間の翻訳については機械翻訳の実務適用は時期尚早です。

 当社が行う翻訳は100%のヒューマントランスレーションとなります。当社翻訳者の選定基準については下記をご覧ください。

翻訳者選定基準
 TOEIC900点または同等の英語力
 翻訳実務経験3年以上
 対象分野の知識
 主任翻訳者を中心とした社内翻訳体制(主任翻訳者のプロフィールはこちら

法人で新規のお客様向け・1年以上取引のない法人のお客様向け年度末限定割引キャンペーン
取引実績のご紹介
マニュアル・取扱説明書翻訳特設ページOPEN
翻訳の見積・・・ 高い? 安い? 費用対効果の高い翻訳業者の選定にお悩みの場合はこちらをクリック
無料の翻訳見積もりはこちら